• 産地直米、お米を楽しく。

  • 新しいお米の楽しみ方を伝えたい。
  • 本当のお米の美味しさを届けたい。
  • そして全国、四十七都道府県のお米と食卓をつなげたい。
  • それが小池精米店の想いです。
  • 私たちは、全国の農家さんと顔を合わせ、
  • 炊きあがりのツヤと香り、食感、旨味を吟味し、
  • しっかりと惚れ込んだお米を、
  • 農家さんから直接仕入れています。
  • だから、各お米の特徴や、相性の良いおかずのことまで
  • 余すところなく、丁寧にご提案します。
  • 白米はもちろん玄米や雑穀米まで、
  • お米の味のちがいを知れば知るほど、
  • 毎日の食事はもっともっと、つややかに、
  • 美味しい時間になっていく。
  • 小池精米店が、お手伝いいたします。

ロゴマークに込めた想い

私たちの理念である“産地直米”には、「全国四十七都道府県のお米と食卓をつなげたい。」
という思いがあります。それは、日本全国の有名な米どころから、まだ知られていない地方の名米まで、
農家さんが作るお米本来の美味しさと、思いを食卓に届けるということです。
その理念をロゴに込め、象徴化するため、店主 小池 理雄(ただお)が各県を代表するお米を選び出し、
一つ一つの県のお米の形状を抜き出して、日本地図を形作りました。

またこの色には、ツヤ、香り、食感など様々な十人十色ならぬ、四十七都道府県、
四十七色の特色を持つお米(農家)の個性を、グラデーションにより体現しています。
各県の特色を見極め、生活者に適切に、かつ楽しく伝えることも小池精米店の役目だと思っています。

地図
北海道(ゆめぴりか)/青森(まっしぐら)/秋田(あきたこまち)/山形(つや姫)/岩手(ひとめぼれ)/宮城(ササニシキ)/福島(コシヒカリ)/新潟(コシヒカリ)/長野(コシヒカリ)/茨城(とねのめぐみ)/北海道(ゆめぴりか)/青森(まっしぐら)/秋田(あきたこまち)/山形(つや姫)/岩手(ひとめぼれ)/宮城(ササニシキ)/福島(コシヒカリ)/新潟(コシヒカリ)/長野(コシヒカリ)/茨城(とねのめぐみ)/福井(ハナエチゼン)/岐阜(龍の瞳)/愛知(あいちのかおり)/三重(みえのゆめ)/滋賀(コシヒカリ)/奈良(ヒノヒカリ)/京都(コシヒカリ)/大阪(ヒノヒカリ)/和歌山(キヌヒカリ)/兵庫(コシヒカリ)/鳥取(コシヒカリ)/島根(きぬむすめ)/山口(晴るる)岡山(朝日)/広島(あきさかり)/香川(ヒノヒカリ)/徳島(あわみのり)/愛媛(愛のゆめ)/高知(南国そだち)/福岡(夢つくし)/佐賀(さがびより)/大分(ヒノヒカリ)/長崎(にこまる)/宮崎(コシヒカリ)/熊本(森のくまさん)/鹿児島(ヒノヒカリ)/沖縄(ひとめぼれ)
小池理雄

小池精米店 三代目 店主・お米マイスター五ッ星

小池理雄 こいけ ただお

1971年生まれ生まれも育ちも原宿・表参道。小学校時代から実家の小池精米店の手伝いをしており、大学に入る頃には立派な作業員として、配達までこなす人材に育つ。大学卒業後、小さな出版社に入社。その後、社会保険労務士の資格を取得し、人事制度コンサルティングファームに入社。2006年、小池精米店を継ぐ。それまでの社会経験を生かし、新しいお米屋さんのあり方を常に模索している。

クリエイティブパートナー

平井巧

トータルフードプロデューサー

SP広告代理店、IT関連の会社を退社後、2011年に自身が主催する食のクリエイティブユニット「うたう料理団」を設立。表参道のワークショップスペース「TOWN DESIGN CAFE JINGUMAE」のリニューアルプロジェクト/若手シェフユニット「EPICOOK」のプロデュース/フードロスを考える新しい食材シェアイベント「サルベージ・パーティ」の企画プロデュースなど、食に出逢える場を創りだし、その場に価値を付加。自身のネットワークを活かし、食業界だけにとらわれず様々な分野とのコラボレーションなど、食のエンターテイメントを作り続けて行く。「小池精米店」のブランディングに際し、ごはんの美味しさを多角的に探すプログラムとして「ごはん生活研究所」を小池精米店3代目の小池理雄氏と設立。E-mail satoshi791213@gmail.com

平井巧

長田敏希

クリエイティブディレクター・ブランド戦略コンサルタント

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 有資格者。経営戦略立案から、CI、VI、商品開発、空間演出等、ブランディングに関する様々な領域で、右脳発想を重視したブランド構築ソリューションを提供。パートナー企業と連携し、意匠、商標等の知的財産権管理のアドバイザーも行っている。小池精米店のブランド戦略、マーケティング戦略を総合的にディレクション。ギフト商品「あさひまつ光」のパッケージデザインが、世界的なパッケージデザインコンペティション「pentawards」で銅賞を受賞。主な受賞歴:PENTAWARDS 銅賞 受賞、日本広告写真協会(APA)優秀賞 日本広告写真協会(APA)美しい日本賞、JAPAN PACKAGE DESIGN AWARDS 食品部門 入選、JAPAN PACKAGE DESIGN AWARDS 贈答品部門 入選、Graphic Design in JAPAN 入選、販促会議賞 金賞、ECO JAPAN CUP(日経エコプロダクツ展) 審査員賞 受賞、その他国内外の賞を多数受賞 E-mail t.osada@snow.plala.or.jp

長田敏希

小林耕輔

アートディレクター/グラフィックデザイナー

1983年長野県生まれ。2006年東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業。デザイン制作会社を経て、現在フリーランス。主な受賞歴:東京タイプディレクターズクラブ(TDC)賞入選。小池精米店のブランディングをグラフィックデザインの視点からディレクション、ロゴデザイン、WEBディレクションなどを行う。

小林耕輔

安田健一

クリエイティブティブディレクター・コピーライター・CMプランナー

東京コピーライターズクラブ会員 宣伝会議コピーライター講座講師
主な受賞歴:東京コピーライターズクラブ(TCC)新人賞、PENTAWARDS銅賞受賞、日本広告写真協会(APA)経済産業大臣賞、日本広告写真協会(APA)美しい日本賞、JAPAN PACKAGE DESIGN AWARDS食品部門入選、JAPAN PACKAGE DESIGN AWARDS贈答品部門入選、東京タイプディレクターズクラブ(TDC)賞入選、Graphic Design in JAPAN入選、全日本DM大賞入選、ピンクリボンデザイン大賞、販促会議賞 金賞、日経エコプロダクツ展審査員賞、Heart Line Projectコピー賞、その他国内外の賞を多数受賞。http://www.sakura-tokyo.jp

安田健一

関 翔吾

アートディレクター/グラフィックデザイナー

1984年熊本県生まれ。2006年東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業。福島デザインを経て、2011年からフリーランス。社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員。JAGDA新人賞、2010・2013ノミネート。小池精米店のロゴのディレクション・デザインや名刺などのグラフィックデザインを担当。「あさひまつ光」のパッケージデザインで、世界的パッケージデザインのコンペティション「Pentawards」で2013年、銅賞受賞。http://www.ato7.jp

関 翔吾

ページの先頭に戻る