分づきについて

玄米から胚芽や糠(ぬか)を取り除くことを「精米」といいます。精米の際に胚芽や糠を残して精米することを「分(ぶ)つき」といいます。つまり「分つきにする」とは「白米と玄米の間の状態にする」ということです。そして精米の度合いによって「五分づき」「三分づき」などと言います。白米は言い換えれば「十分づき=100%糠部分を除去」となります。

三分づき=30%の糠部分を除去

糠部分がほぼ残ります。胚芽の栄養はそのままで玄米の香りが楽しめます。

五分づき=50%の糠部分を除去

糠部分が少し残り、胚芽の栄養はほぼそのままです。白米の甘みも楽しめます。

七分づき=70%の糠部分を除去

お米に白さがあり、胚芽の栄養は一部残っています。

分づき米には特有の風味があり、消化にはやや時間がかかるので、適量を白米と混ぜて炊いてもいいでしょう。分づき米を初めて試す方はまずは白米に近い「七分づき」からはじめるのが良いでしょう。

【お米を炊くときの注意】

栄養のもとである胚芽や糠部分をあえて残しているため、力を入れずやさしく洗いましょう。
玄米モードがある場合は浸水の必要はありません。
特にそのような機能がない場合は、白米よりも長めに浸水(五分づきで2時間程度)します。
炊くときも若干水加減を多めにするといいでしょう。

ページの先頭に戻る